弁護士

安心の毎日に

交通事故事故が発生した場合には、状況に応じて過失割合が決められ、
双方の保険会社が示談交渉にあたることが一般的ですが、

自分の過失割合が「0%」の場合には、こちら側に賠償責任がないために、
相手側の損害保険会社と自分が行う事になります。


しかしながら、加害者側の保険会社と自分が補償についての話をするわけですから、
知識がないために、こちら側に不利な結果にならないようにできるかどうかはかなり難しい事になります。

交通事故における優者危険負担の原則と過失の関係


どんなに気をつけていたとしても、様々な条件が重なって
交通事故が起きてしまうこともあるでしょう。


もしも交通事故が起きてしまった場合には、その過失割合というものを
決める必要があるのですが、そこで大事になってくる基本的な考え方が
優者危険負担の原則です。


これは、例えば自転車と歩行者の交通事故であれば、自転車の方が
危険負担が大きくなり、さらに自転車と四輪者であれば、四輪者の方が
割合が大きくなるといった具合に、その責任の優劣があらかじめ決まっているというものです。


この優劣は、衝突時のエネルギーによって計算されているもので、
どう考えても歩行者よりも車両の方がエネルギーが高く、歩行者の方が
大きな損害をこうむります。


ですから、それだけエネルギーが大きな車両に乗っている場合ほど
注意も必要になってくるということになります。


車に乗っている時というのは、それだけ過失の際の危険が大きくなるということですので、
いつでも細心の注意を払って運転することが大事です。


このように、交通事故を起こした場合の負担は車を使用している時の方が大きくなるので、
あらかじめ保険などに加入して対策をとっておくことも大事なことだと言えるのです。

流されないための強い味方



そんな場合のために、「弁護士費用特約」があって、交通事故にあった場合に弁護士が示談交渉に
あたることができるようになっています。

 

交通事故

 

この特約が付いていれば知識のない自分が示談の交渉にあたらずに、弁護士を通して行う事になりますので、
本来適用される補償を見過ごしたりすることもありませんし、何といっても精神的な負担が少なくて済みます。


このように安心な特約ですが、一般的にはあまり知られていませんので、自動車保険を契約する際には、
加入先の会社によく確認することが必要です。

交渉する


また、自分が交通事故を起こすなんていうことは全く現実味もなくとりあえずは必要ないだろうと
思われるかもしれませんが、車に乗っているだけでも常に事故と隣り合わせです。


何か起こってから困るのでは遅いですので、早めに対策をしておきましょう。