相談

安心の毎日に

交通事故の被害者になってしまった場合、まず弁護士に相談をする事がお勧めです。

 

慰謝料や示談金に関する交渉は、交通事故を起こした本人ではなく、保険会社が
事故を起こした本人に変わって行う事になります。


保険会社は示談金や慰謝料が多くなると、それだけ会社への負担が大きくなる為、
少しでも安く済むように交渉をしてきます。

 

相談する


更に、相手は交渉のプロの為、知識がない素人では対等に会話が出来ない可能性が高くなります。


それに対して、弁護士は、しっかりとした知識があるだけでなく、交渉に関してもしっかりとした能力を
持っている為、保険会社とも対等に話をしていく事が出来ます。


弁護士に依頼をすると高くつくのでは、というイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、
交通事故専門で依頼を受けている弁護士もいますので下手に個人で保険会社とやり取りをするよりも確実に安全です。

弁護士に依頼した際の費用と費用内訳


交通事故の事で弁護士に相談をしたいけれど、費用が心配だという方が
多くいらっしゃいますので、弁護士に依頼した際に必要となる費用についてみていきましょう。


平成16年4月に弁護士報酬は自由化されていて、現在も各々の弁護士が
報酬を決めていますが、その以前は報酬規定に従って費用が定められていたのです。


自由化された今日の交通事故の件で弁護士に依頼した場合の費用の種類は、
相談料や着手金であったり成功報酬や日当に実費や消費税などがあります。


これまでの報酬規定は廃止されてはいるものの、報酬算定の便宜と
金額の妥当性確保の点から、弁護士費用の相場は、この報酬規定を
目安として考えても良いと言われています。


ですが、最近では相談料を無料としていたり着手金を0円としている弁護士が
増えている傾向にありますので、相談しやすい料金と言えるでしょう。


それから、成功報酬にかかる費用が弁護士によって違いがみられるようです。
これは、依頼の内容によって成功報酬が違ってくるものですから相談されるのがいいでしょう。

交通事故の案件は保険会社との交渉になるでしょうから、専門的な知識と経験が
多くある交通事故を得意としている弁護士にお任せして、早期に解決していきたいものです。

納得する額


納得のいく結果を得るために


その為、保険会社が提示する示談金や慰謝料が少なくても、我慢して受け入れるしかないという状態を回避し、
納得する事が出来る金額へと変えていく事が可能となります。


ですから、交通事故を起こしたら、個人で保険会社と交渉をするのではなく、
まず弁護士に相談をしてみる事がお勧めです。